ラベルギャラリーについて

ここでは、主に「鶴見」の一升瓶と、五合瓶、そしてうちの蔵で一時期造っていた米焼酎の「錦鶴」というラベルを見ていきたいと思います。 ここにあるラベルのほとんどは大変古いもので、今や生きてそのラベルのことを知る人はいません。 全て古い帳簿と見合わせての推測となりますが、皆さんも私どもと一緒に、小さな蔵の歴史をお楽しみいただければ幸いです。

『鶴見』カメと一升瓶のラベル

これは、昭和12年のカメ用の「鶴見」のラベルです。 ラベルの中に、金牌受領(きんぱいじゅりょう)と印刷されているところをみると、焼酎の鑑評会で金牌(今でいう金賞)を受賞したため、お祝いの意味も込めてカラーラベルを作ったのではないかと思われます。
左側が、カメのコルク栓にする封緘紙(ふうかんし)です。 右が、カメに貼るラベルです。 美しい金縁の扇形のラベルには、二羽の鶴と、稲穂、芋のつるが描かれています。 当時阿久根は、シベリアからの鶴の飛来地でした。 初代長次郎は、その鶴を見ながら焼酎を飲むのを好み、自ら作った焼酎を「鶴見」と名付けたと言われています。 その鶴が二羽、ラベルの中に生き生きと描かれています。

こちらも、昭和12年頃の、ビン用の鶴見のラベル3点セットです。 こちらのラベルにも「金牌受領」と印刷されていることから、上のカメ用のラベルと時期を同じくして作られたと考えられます。 一番左から、ビンの口の部分に貼る封緘紙(ふうかんし)、ビンの肩の部分に貼る肩ラベル、そして、ビンの胴に貼るラベルです。
この丸形のラベルは、扇形のラベルの図柄に加え、右側の鶴の足下に、まさに今土の中から掘り起こしたかのような芋が描かれています。 鶴の表情も、扇形のラベルと丸形のラベルでは微妙に違いがあり、当時の全て手作業、手書きでのデザインの現場を思い起こさせます。 色彩も見事で、黄色をバックとした、大変鮮やかな配色となっています。 このラベルは復刻ラベルとして、復刻鶴見 のラベルとして現代に蘇らせました。 そちらも合わせてお楽しみください。

これは、昭和12年以降のものと思われる封緘紙(ふうかんし)とラベルです。 絵柄は先ほどの丸形のラベルと全く同じで、白黒印刷になっていて、肩ラベルは省かれています。
これは、昭和10年代後半に太平洋戦争が始まり、贅沢のできない時代となっていたためと思われます。

こちらは、太平洋戦争中の、昭和16年から20年にかけてのラベルです。 ラベルの中に、「普通」と書かれているのに注目してください。 当時、勤労動員者に対し、特別配給などがありました。 そのような焼酎には「特配」と書かれた焼酎が、国からの命令があったときに、所定の場所で配給されていました。 統制経済がより拡大し、日用品まで及んで来た時代のものです。
このラベルの「普通」とは、特配以外の通常販売用の焼酎という意味だと考えられます。

このラベルをよく見ると、「参圓五拾銭」つまり3円50銭と値段が書いてあります。 ここに書かれている値段を元に、古い資料を調べてみると、昭和16年ごろのラベルであることがわかりました。

こちらは昭和17年の帳簿です。 太平洋戦争はもう始まっていて、帳簿の内容にも、政府からの「焼酎を特別配給せよ」との命令書などが目立ちます。 写真右のページには、「普通木炭増産用特配焼酎配給方ノ件」と書かれています。 「木炭増産に動員された人たちに、焼酎を特別配給せよ」と書かれた命令書です。

こちらは昭和19年のラベルです。ラベルには印鑑が押してあり、この焼酎が価格特配酒であることが明記されています。 価格特配酒は、昭和18年に制定されたもので、税率を安くして価格を下げ、特別配給品として大蔵大臣の定める用途、主に戦争遂行事業に、特別配給したものです。 印字には「昭和拾九年弐月拾伍日最低企画 三〇度公 価格特配酒一升瓶詰 二円五拾銭」と書かれています。
昭和16年頃までは、鶴見の一升瓶は、先ほど出て来た四角いラベルにあるように、3円50銭で売られていました。 しかし、この年の帳簿によると、鶴見の一升瓶は昭和19年の5月から5円、昭和19年12月から5円40銭、昭和20年には8円と、戦争のあおりをうけてか原料の値段と酒税がどんどん上がり、価格が高騰していたようです。 この特配の印字によると、昭和19年2月15日の時点で、定価3円50銭~約5円のところを、2円50銭で特配として販売するよう設定されていたようです。

米焼酎『錦鶴』のラベル

ここで、時代を大正時代の後半まで巻き戻してみましょう。 大石酒造では創業以来の銘柄として「鶴見」を造っていますが、現存しているラベルで一番古い銘柄は、大正時代後半のものと思われる「錦鶴」という銘柄になります。

こちらがその「錦鶴」という銘柄のラベル。 なんと「米焼酎」と書かれています。 ラベルも、当時としては珍しい、立派なカラーラベルです。 当時、米は高級品というイメージがあったため、豪華なカラーラベルを用意したのではないかと思われます。
大正末期には、タイ米や台湾米などの流通が拡大し、うちのような田舎の蔵でも外国産米が手に入るようになってきました。 このころから、各地の蔵では、そのような外国の破砕米を利用して、コスト的にも安く、たくさん焼酎を造ることが可能になります。
当時、芋よりも米の方に良いイメージがあったからか、または同じ設備を利用した場合、米焼酎の方がより量が造れるためか、理由は定かではありませんが、うちの蔵でも米焼酎を造ってみたのでしょう。
昭和に入り、日中戦争が激しくなってくると、旧式焼酎(乙類焼酎)の原料米も統制されて自由に使えなくなってきました。 (旧式焼酎とは、小規模で大量生産されない、昔からの製法でつくられた焼酎のことで、まさに小さな蔵である大石酒造が造っていたような焼酎を指します。)

こちらの帳簿の記録をみてください。
これは、昭和14年のシャム米(タイ米)と台湾米を購入したときの記録です。 このように、県の酒造組合連合会が発行する公式書類が残っているところからも、当時米の購入についての厳しい統制を受けていたことが想像できます。

さらに昭和16年には、政府からの圧力のため、焼酎の原料米の購入は前年度の57.2%に減らされます。
この「錦鶴」という銘柄が、この後途絶えているところをみると、原料が手に入りにくくなったため、大石酒造では米焼酎の生産をやめたのではないかと思われます。

『鶴見』五合瓶のラベル

こちらは、現在使われているの鶴見の五合瓶のラベルです。 このラベルの面白いところは、昭和20年代の始めにこの絵柄が制作されて以来、少しずつ少しずつ変化しつつも、今に至るまで同じ絵柄が受け継がれて来たところにあります。 そのため、このラベルは復刻ラベルではなく、昭和20年のころから続いてきた定番ラベルなのです。
このラベルの図柄は、阿久根市にある、阿久根大島 という島をモチーフにしています。 阿久根大島は、阿久根市街地からフェリーで10分のところにある美しい小島で、100前後の野生鹿が棲息していることでも知られています。 ラベルには、その島のシンボルである鹿や、松、鶴、波が描かれ、ラベル中央下には、阿久根市街地からみた阿久根大島のシルエットも描かれています。 また、ラベル右上には、当時阿久根に飛来していた鶴が羽ばたいています。
ラベルの中の、鶴見という文字のバックグランドになっている、小槌型の図案に注目してください。 昭和20年頃のラベルには、画面中央にある小槌型の図案はなく、風景の中にただ「鶴見」と書いてあるだけのラベルだったそうです。 しかし、昭和30年代に、小槌型の図案をラベルに取り入れることが流行し、このラベルもその流行に乗り鶴見の文字が小槌型の図案の上に配置され、その図案がそのまま現代にまで続いています。

トップページへ